アコギ

2020年10月11日 (日)

Kazemachi 09 トップブレイスを作る

これで音が決まってしまうと言っても過言ではないトップブレイスを作りましょう。

Cimg06672

ぼくが作るアコギはオーソドックスにXブレイスです。

このXでトップ板を4つに仕切るわけですが、その角度によってほぼ方向性が決まります。

だから作り手としては1°足りとも角度をずらす訳にはいきません。

Cimg06692

ゴーバークランプでしっかり接着していきます。

細かな削り込みは接着完了後にやっていきます。

Cimg06912

要所要所で立体交差させ、仕切りきらないことで生まれるオープンな鳴りが弊工房製KazemachiやAkanesoraの特徴です。

Cimg06892

他メーカーのAフレームに似ていますが、ここでも立体交差。

ボディアッパー部分も鳴りに参加させるためです。

Cimg06902

スキャロップされた6弦側Xブレイスの上をまたぐフィンガーブレイスです。

ミニXとも言えるこの部分は、和音がダマになるのを防ぎ、程よい分離感を作り出しています。

量感のある低音を鳴らしながらも、低音弦の強い張力に耐える役割も担っているすごいやつです。

Cimg06882

できました。

ぼくとオーダー主さんのサインも下の方に入っています。

ブレイシングの木の色が2色はっきりあるのがわかると思いますが、これはKazemachi 08を作ったときと同様、2種類の材を使い分けているからです。

ルッツスプルースとウェスタンレッドシダーとの合わせ技。

全体のタッピングトーンも大合格。

いい音のするギターになりそうです!(^_^)v

| | コメント (0)

2020年10月 5日 (月)

プレミアムなD-45をオーバーホール ③

さあ、D-45の仕上げです。

Cimg06852

ナットは元のものを修正して使いました。

クリーニングした上で再接着、しっかり磨きました。

Cimg06922

サドルも元のものを修正して使うことができました。

ピッチ補正を入れ直し、弦高調整も施し直しました。

Cimg06942

懸案だったバインディング剥がれも磨き上げてご覧の通り。

貝の欠損もありましたが、ぱっと見どこがそうだったのかわからないくらいになりました。

Cimg06952

以上で全てのメニューが完了です。

オーナーさん、早速受け取りに来てくださいました。

仕上がり具合を確認されていたとき、仕上げた時より音が微かに冴えない感じに聞こえました。

オーナーさんが来られるまで、あえてレギュラーチューニングのまま置いておいたので、よく言えば馴染んだ、悪くいえば最適な位置関係から若干ズレたせいだと判断し、その場でロッド調整をし直して渡しました。

ああ、そうです、この立ち上がりと分離感、音通り、ここまで出るんですよこのギター。

オーナーさんもすぐに気付いたようで、大変喜んで受け取ってくださいました。

プレミアムなD-45、うまくいってホッとしました。

よかったです!(^_^)v

| | コメント (0)

2020年9月23日 (水)

プレミアムなD-45をオーバーホール ②

93年製D-45BRAZILの続きです。

Cimg06552

リフレットを行います。

古いフレットを抜き、指板調整をしていきましょう。

Cimg06562

弦も外し、トラスロッドも緩めてありますので、ネックには何の圧力も加わっていませんが、まず全体にネック材が順反っていることがわかります。

Cimg06632

サンディングをしばらく行うと、このようにネックの状態を極めて正確につかむことができます。

つまり、ねじれながら順反っていたということです。

このギターのように少しのことだと目視ではわからないこともあります。

Cimg06642

はい、びったり、隙間なし。

完全なストレートを作ることができました。

とにかくガリガリ削っただけでしょ、と思うことなかれ。

ネックアイロンと違って、削り量は少なければ少ないほどいいので、ころあいのよいときを見極めながら少しずつロッドを締め、またサンディングに戻って様子を観察し、これを繰り返しながら進めるのです。

そういう経験上身に付けてきた感覚的なギターとの対話は、文章にするのが難しいです。

ロッドの締め込み量、サンディングブロックの当て込み方、最終的にストレートが出た時点で作業が終了する帳尻の併せ方等、うまく説明できないことばかりです。

Cimg06792

ストレートがきっちり出せたということで新しいフレットを打ち込んでいきます。

画像は既に研磨をしているところです。

Cimg06832

リフレット完了です。

今回も、これでもかというくらいいい出来になったと思います。

つづく。(^^)v

| | コメント (0)

2020年9月15日 (火)

Kazemachi 09 サイドとバックの接着

この時期になってようやく作業が進んでる感が出てきたKazemachi 09の続きです。

Cimg06342

クランプ総動員でサイドとバックを押え込んでいます。

接着開始!

Cimg06352

おー、接着完了です。

ここはとてもオーソドックスというかシンプルな作りに見えると思いますが、バックのラダーブレイスは全て太さを変えていたりします。

また、エンドブロックの接着面を斜めに削り落としてライニングと同じ幅にしてあったりします。

これはトップがフリーで振動する面を少しでも多く確保するための工夫です。

Cimg06362

もちろんバックとの接着部も同じような工夫をしていますが、こういうセンター補強材とつながるような抉り方は他ではなかなか見られないと思います。

位置ずれもなく、ビタッときていると気持ちいいですね。(^^)

Cimg06372

ここで内部を塗装しました。

セラックニスを使っています。

アコギではあまり胴内塗装をしている例は見られませんが、製作家の作品では取り入れている方も少なくありません。

理由は様々でしょうが、ぼくの場合は湿気対策とかそういうことよりも、材の疎の部分を埋めて、音の内部反射を高めるために行ってます。

これだけで程よく高まるので、逆にトップ裏には施しません。

その辺は、音をどうまとめたいかによってそれぞれ違いが出てくるところでしょう。

Resonance Guitarsサウンドの秘密の1つです。

つづく。

| | コメント (0)

2020年9月13日 (日)

プレミアムなD-45をオーバーホール ①

弊工房に特別なD-45がやってきました。

Cimg06462

縦ロゴ、ヘキサゴンインレイでサイド&バックがハカランダです。

ボディバックバインディングが剥れてきたそうで、これを機会に気になっていたところを全てリペアしたいとのご希望なのです。

Cimg06392

では手始めにバインディング補修ですが、いきなり細く貝を削り出しています。

バインディングが剥れたついでに一部インレイが破断してしまったそうなのですが、4㎜ほど欠損してしまっているからです。

Cimg06412

うむ、これで揃いましたね。

では再接着作業に入りましょう。

Cimg06422

さあ、しっかり押え込みましたよ。

このままじっくり硬化を待ちましょう。

ハカランダの木目がいいですね。

Cimg06482

これはサウンドホール上部のクラックです。

ネック方向からの圧力で押されてしまっています。

左右両側とも指板幅の延長線上あたりにあります。

Cimg06492

こういうケースは、現在の状況でズレは止まっているのか、それとも現在進行形なのかは、分解してしまわないと確かなことは言えません。

今回はパッチで補強することにしました。

Cimg06502

はい、こちらもしっかり乾燥するのを待ちましょう。

かなりうまくいっていると思います。(^_-)-☆

つづく。

| | コメント (0)

2020年9月 9日 (水)

Kazemachi 09 サイド作業からバックブレースへ

今年のギター製作の仕事は、悪天候続きでかなりペースダウンさせられています。

特に6月後半から7月にかけてひどかったです。

久々にKazemachi 09の記事を書きますが、少し進めるのに何日もかかっていますので念のため。

Cimg03712

曲げてあった左右のサイド板をエンドブロックで合体させました。

Cimg05012

続いてジョイントブロックも接着です。

これでサイド板がぐるっと輪になった状態でつながったわけです。

Cimg05112

ライニングを接着していきます。

トップやバック板を接着するときの補強、のりしろのような役目をします。

Cimg06072

割れ止めが取り付けられているのがわかるでしょうか。

ここまで来たら、トップやバック板が取り付けられるように平滑にしていきます。

これは大変重要な作業で、ただ平らにするのではなくて、トップ、バックに設定しているドーミングRに合せてサンディングしていく精密な作業になります。

ぜーぜー汗をかきながらでしたが、うまくできました。

これでサイド作業は一区切りついたわけです。

Cimg05632

まずバック板から接着していくのがぼくの手順です。

接ぎ合せしてあったバック材にセンター補強材を接着していきます。

Cimg06292

続いてバックブレイスを接着していきましょう。

これらの作業はあらかじめやって置いておけばと思ったこともあるのですが、長期間箱にせず放置しておくとせっかくブレイシングにつけてあったRによってドーミングされていたバック板が、あらぬ方向へ反ってしまうことがあるので、必ずサイドの木工が終わってからやることにしています。

木はやはり自然が生み出した生き物なので、人が考える作業効率だけではうまくいかないこともたくさんあるのですね。

幸いオーダー主さんは、天候も含めてそういうこともよく理解してくださる方です。

待っていてください、きっといいものにします。(^^♪

| | コメント (0)

2020年9月 8日 (火)

タカミネをチューンナップ!

弊工房にかなり懐かしいタイプのタカミネがやってきました。

オーバーホールとまではいかないけれど、実用的に問題のない状態になるようチューンします。

Cimg06262

フレットをすり合わせております。

若干ネックの反りもあるので、ロッドにも助けてもらいながら、出来るだけ相殺できるようにしていきましょう。

Cimg06272

うまく整ったので山出しをして磨きをかけていきます。

Cimg06282

はい、見違えるほどきれいになりましたよ。

もちろん、フレット頭の揃い具合もバッチリです。(^_-)-☆

Cimg06332

ナットをバッファローホーン(水牛角)で再作成しました。

これ、牛骨より弾力があるせいか、一段太く、深みを感じる音に変化します。

Cimg06322

ブリッジ周りは大きく手を入れました。

ブリッジプレート補修、弦ノッチ加工、ピン交換(エボニー)、サドル再作成です。

いつものごとく、各部できる限り精度を高めての工作をしましたので、ピッキングに対する反応、余韻、倍音と、どれをとっても向上したと思います。

新しいギターを手に入れることも楽しいことですが、長年連れ添った1本をまだまだ使える1本にすることも楽しいことではないかと思います。

受け取ったときのオーナーさんの第一声、どんなことを感じていただけるか、いつもドキドキするけど楽しみにしています。(^^)/

| | コメント (0)

2020年8月 2日 (日)

プリアンプが故障したエレガット

エレアコにしてもエレガットにしても、プリアンプ部分が壊れてしまったら、ぼく程度の者では大抵歯が立ちません。

特に現在は、チップ部品てんこ盛りで非常にコンパクトな作りをしているので、何がどうなっているかを読み解くにも大変な時間がかかるし、わかったところで手が出せません。

多機能なものはなおさらです。

ぼくの業務の本筋はギター本体なので、電装品の修理については、ぼく自身が手がけたものでない限り結局お客さんに迷惑をかけることになりかねないので基本お断りしてますし、今後もそのつもりです。

Cimg05742

MATSUOKAのエレガットです。

プリアンプが故障しています。

オーナーさんとは、メーカー品の新品に交換することや、弊工房のDEOクリアPUに交換して手持ちの外付プリを使うことを提案させてもらいましたが、安価に済ませたいという要望と少々ズレがあったようで、逆に手持ちの別のエレガットからの移植を提案されて今度はこちらが困惑したりしていました。

サイド板の取付穴をどう処理したらいいかを考えると、とても安価にはできないからです。

話せばわかってくれるオーナーさんだったので、最終的にはぼくがやりやすい確実な方法でやるということで折り合いが付きました。

Cimg05732

まずはダメもとでプリアンプ部を分解します。

どうにもならなかったら捨てるという申し合わせです。

他でもこのような例がありましたが、古いものなのでメーカーサポートはとっくの昔に切れています。

こういうの、修理業を営んでいる側も、販売店側も、所有者側も本当に困ってしまうんですけど、どうなんでしょう。

電装品としては仕方のないことなのでしょうが、他のものでいろいろ載せ替えをしたとしても見栄えよくピタッと収まるものがないわけですから、みっともないことになるとすると、まだ充分生きているギター本体を使えないギター、捨てられるギターにしてしまうことにつながりかねません。

本当に勝手な、個人的な意見をこの際書いてしまうと、ぼくはオンボードプリをサイド板に穴を開けて搭載したエレアコ、エレガット商品、、、すみません、嫌いです。

Cimg05752

内部の金属ケースは、ビスではなく、ハンダで固められていました。

中の基板や配線の様子を見るだけでひと仕事なわけですが、今回の場合は開いてみたらすぐに不具合箇所を2つ見つけました。

1つはピエゾ用ジャックのハンダクラック、もう1つはアウトプット用配線材と基板のショートです。

ピエゾ用ジャックは、配線材を使わず基板裏に直接ハンダ付けされていたので、基板をケースに止めるためのビスとジャックを止めるためのビスがハンダ部分を引っ張り続けていたということです。

構造的に問題があると思ったので、配線材を使って結線し直しておきました。

アウトプット用の配線材は、ケースから引き出されていますが、留め具が何もないので、例えば電池を交換する際に引っ張られたとき、もろに配線材とともに基板を引っ張ることになっていました。

アース線は裸になっているので、何度もそういうことが起こったとき、アース線が基板上の触れてはいけないところに触れてしまうようになっていたようです。

これも構造的に大いに問題があると思ったので、ゲル状の接着剤を保護剤代わりに使い、配線材が基板に直接触れないように処理し、結束バンドをくくり付けて、それ以上引っ張っても基板の方に直接ストレスがかからないようにしました。

とりあえず以上でもと通りの出音ができるようになりました。

その他、表のコントロールにはピーキングEQがありますが、それとは別に基板上に半固定抵抗が2つあって、それぞれが回路中の2つコンデンサのかかり方を調節できるようになっていたので、表のEQ±0㏈のときの出音バランスを調整しておきました。

まるでシェルビングEQを利かせるみたいに使えました。

そうなんです、メーカーによって周波数バランスが違うとか、レンジ感が違うとか、ハウリやすさが違うとかいろいろありますが、実は回路の中で各メーカーはデフォルトの音を作り込んでいるということです。

よく見かけるのはローを全体に薄くしてある例で、これはハウリング対策だと思うし、もっと言うとクレーム対策と取れなくもないです。

さて、今回はオーナーさんがぼくに寄り添って考えてくださる方だったので以上のような修理を手がけさせてもらいましたが、うまくいったのは、たまたまパッと見てすぐわかる箇所のトラブルだったからです。

ぼく自身が製作したものでない限り、こうしたプリアンプのような電装品の修理は行いませんので、悪しからずご了承ください。m(__)m

| | コメント (0)

2020年7月31日 (金)

ギルドなアリアをオーバーホール

弊工房に古いアリアのギターがやってきました。

Cimg05342

おー、ギルドタイプですね。

よくわかりませんが、珍しいんじゃないでしょうか、初めて見ました。

今回はオーバーホールの依頼です。

Cimg05362

古いフレットを抜いて指板調整をしましょう。

ストレートを出し直します。

Cimg0560

新しいフレットを打ち、磨き上げました。

さすが、古いギターは木が安定しています。

作業のいろいろな場面でそれを感じました。

Cimg05582

ペグを交換しました。

GOTOHの510です。

ヘッド面は表裏ともに研ぎ直しました。

厚い塗装が水面のようにうねっていたからです。

これ、オーナーさんにも喜んでいただけました。

Cimg05612

ナットは牛骨にて作り直しました。

以前はどうやらずっとミディアム弦を使っておられたようですが、今回はライトです。

「男は黙ってミディアム。」の世代なのです。

Cimg05622

サドルも牛骨にて作り直しました。

オクターブピッチも取り直したので、これで万全に演奏することができるでしょう。

ん~、鳴りますね。

やはりこれぐらい年数の経って生き残ってきたギターを手入れすると本当に鳴ります。

もちろんヴィンテージギルドと比べるのはナンセンスですが、反応よく朗々と鳴るんですよね。

オーナーさん、ご夫婦で受け取りに来てくださいました。

いえ、夫婦仲はもちろんですけど、ひょっとしてこのギターにお二人ともいろいろ思い出があったりするのかなって。

違っていたらすみません。(笑)

でも、もしそうだったらいいなって、自分の中ではそういうことにしておきました。(^_-)-☆

| | コメント (0)

2020年7月28日 (火)

AER Alphaを再び改変 ⑤

アコギアンプ改変の続きです。

Mark Acousticのすごさに感心して、たくさん学んで、それで何をするのかというと、ぼくの中での大きな発想の転換をしてみようと。

「アコギの出音は、オーディオ的に攻めた方が好結果が得られる。」

というのはかなり以前からここでも言ってきて、何台も持っていたアコギアンプを処分してAERだけ念のために残した経緯にも現れています。

もっと以前、ピュアオーディオの方ではフルレンジ信者っぽかったですし、クロスオーバーネットワークのない出音の世界に、1つ、ぼくなりの結論を見出していたりもしたんです。

あ、ちなみにAERはもともとフルレンジ1発です。

だから、アンプ部のColorスイッチは疑似ツイータスイッチとも言えます。(高域+10㏈、低域-3㏈)

Dsc_80662

はい、こんなふうに、ぼくが2ウェイを真面目に組む日が来るなんて、自分の中では大事件なのです。(笑)

スピーカーの考え方の方向としては、あくまで自分内ですけど、ピュアオーディオ系、スタジオモニター系、PA系の3つを想定していて、アコギ用アンプをどの思想に寄せていくのかと半ば楽しく考えたわけです。

これまではどちらかというとピュアオーディオ的な発想一辺倒になっていたかもしれません。

けれど、PA的な発想も盛り込みながらまとめているMark Acousticのすごさから学んだとき、素直に模倣する部分と、いや、こうするともっと自分好みになるかもしれないという部分を切り分けてまとめてみようという気になりました。

94837423_o4

本当はウーファなど使いたくありませんでした。

ツイータを付け足すなら、フルレンジ+ツイータでしょ、、、って考えるのはやめて、素直にウーファです。(笑)

この特性に合わせるなら、3~4kHzクロスでしょうか。

ちなみにこのペーパーコーン、ケブラー入ってます。(^_-)-☆

Goldwood-gt324

ロールオフする周波数がちょうどいいツイータを見つけました。

でも3kHz弱周辺が高過ぎます。

ネットワークは複雑にしたくないけど、これなら3kHzよりもう少し上にコンデンサ1発、-6㏈octをかければビッタシハマりそう。

ピエゾツイータ?

いえいえ、そこは真似しないです。(笑)

ただし、ソフトドームだとやっぱり繊細で弱かったりすると嫌だし、ホーンだと指向性が強かったり能率が合わなかったりするので、これはチタンドームです。

どちらにしても、これまでのぼくなら絶対に買わない2品です。

Dsc_80672

バッフルは贅沢にもセラックニスで塗装しました。

乾燥させている間にネットワーク作るです。

Dsc_80682

Mundorfのフィルムコン、めっちゃいいの知ってましたけど、そもそもマルチウェイの自作に手を出して来なかったので、図らずも使うのは初めてです。

値の5.6μFは、ちょうど3.5kHzあたり以下を-6㏈octさせてくれます。

昔、ハイパスフィルターの勉強をしておいてよかったです。

159/8Ω×3.5kHzで計算するとこの値がほぼドンズバだし、1個で済むので音質劣化も最小限です。ヽ(^o^)丿

Dsc_80732

はい、組み込んで完成です。

前回までのサランネットはやめて、パンチングメタルを切って曲げて、ガードとして取付けました。

それほどうまくはできなかったけど、なかなか具合はいいです。

早速鳴らしてみましたが、あまり誇張感がない感じで、、、と思っていたところに来ましたよ。^m^

タンバンのフルレンジのときよりはるかに音の芯は密度感が高くなって、輪郭もクッキリです。

ただし、あえて小口径ウーファにしたので、低音の厚盛り感はなく、これまたあえてドームツイータにしたので、高音の粒荒なギラツキ感もありません。

ぼくが好むウェルバランス、ひょっとするとちょっとだけ、小型のスタジオモニターのような解像感があるかも。

いいですね、うまくいきました。

またこれも別の場所で鳴らしてみたくなりました。(^^)v

| | コメント (0)

より以前の記事一覧