携帯・デジカメ

2020年12月 5日 (土)

キャノンさ~~~ん!

デジタル一眼を買い換えようかどうしようか迷っていました。

今使っているのはEOS Kiss X6i(2012年発売)です。

Dsc_0024

EOS D60(2002年発売)が最初で、次にEOS 40D(2007年発売)でしたから、動画撮影機能のあるデジタル一眼はこれが初めてです。

今年になって継続してやっているライブ配信も、夏以降はこのX6iが活躍しています。

不満なところは何点かあって、まずオートフォーカス状態だと、キャプチャーボードを使う限りピント枠が消せないということ。

そして、どう設定しても30分で一端OFFになるということ。

あと、やっぱりフォーカススピードが遅い(じわっと合わせてくれるのが好きなんだけど、X6iだとちょっと遅すぎる感じがある。)ということ。

実は今年の4月に、キヤノン機をWebカメラ化する「EOS Webcam Utility Beta」というのがキャノンUSAからリリースされているのを夏前ぐらいに知るんですが、β版だということもあり、対応機種も情報によって違っていたりということで見送っていたんです。

ところが9月の終わり頃になって正式版が出たということでチェックしてみたんですが、、、

Eos-webcam-utility

おー、ちゃんと正式な公式アプリとしてUPされてます。

で、対応機種は、、、

Photo_20201205124601

!???

EOS Kiss X〇の場合、X5とX7、X7i以降が対応していて、間にあるX6とX6iの記載がないです。

何で対応してないの??

めちゃくちゃ不思議だなぁと思いながらも、何か理由があるのかもしれないと思って一端諦めました。

でも、しばらくすると、日が経つに連れて「対応機種以外でも動作したという報告がある。」とか、「X4で問題なく動いた。」といった情報が少しずつ出てきたんですね。

で、先日、「X6iでちゃんと動作しました。」という情報(たぶんTwitter上)を見つけたので、ようやく試してみる気になったんです。

Photo_20201205124602

ダウンロードした.zipファイルを全て展開してSetup.exeをダブルクリックしていくだけですんなりインストールしていけました。

ところがインストールが完了してカメラをUSBケーブルでつないでも何も起こらないので、一瞬やっぱりダメなのか?

と思いましたが、ぼくが普段使っているOBSで動作が確認されているということだったので、OBSを立ち上げて設定してみると、、、

Obs

ふむ、全然OK、いたって普通に動作していました。

オートフォーカス状態でもピント枠が消えてます。

DCカプラーで給電しているので、そのまま3時間ぐらい付けっぱなしにしてみましたが、一度もOFFりませんでした。

別日にまた試してみましたが全く問題なく動作しました。

これ、マジで使えます。

EOS Kiss X〇シリーズは、X3(2009年)から動画撮影機能が搭載されていますから、誰かX3で試してOKなら、全部OKなのかもしれません。

というわけで、神アプリとか言っている人もいる「EOS Webcam Utility」なわけですが、一応長年のキャノンユーザーであるぼくもホントにそう思っちゃいました。(笑)

だって買い換える気なくなっちゃいましたもん。(笑´∀`)

でも、今回書いている内容は一切責任を持てないことなので、絶対に真似しないでくださいね!

| | コメント (0)

2020年11月15日 (日)

新調したスマホに驚かされて

ぼくはガラケーが長かったので、今回でまだ2台目です。

普段、スマホ自体にあまり関心がないので、あれば何でもよい派です。

1台目はもう5年半以上使ってきたので、今年の春頃にはすでにバッテリーの持ちが悪くなっていて買い換えたかったのですが、何となくズルズル後回しになっていました。

Cimg07782

買い換えたのはこれ、ちょうど新しいモデルが出たばかりと聞いてのAQUOS sense4 SH-41Aです。

いきなり画面をかんたんモードにしてますが。(笑)

しかしそれにしても、こういうものにホントあっという間に置いて行かれるなぁって激しく実感。

Cimg07772

もともと電話機に付いているカメラに何かを期待することなんて一度もなかったのですが、いきなりレンズが3つも付いている。

ハテ、何だコレは、てな具合。

何のことはない、使ってみれば、広角、標準、望遠を切り替えられる。

デジタルでのズーミングに頼らず画質が確保できるレンズ切り替えにするとは大したもんだな。

前からいくつかのTVCMで流れていたことが頭の中で何となく重なりました。

ところがさらに驚かされる。

Cimg07762

カメラを起動して目に入ってきたのは、「スロービデオ」と「タイムラプス」。

ちょ、ちょっと待ってくれ、それができると面白いかなと思って高級コンデジとか調べ始めてたとこなのに。(゚◇゚)ガーン

ほとんど調べもせずに買ったスマホにいきなり搭載されているなんて。

これは値段的に高くはない機種だと思うので、今、きっと多くのスマホがこのくらいのことはできてしまうんだろうな。

「スロービデオ」にして、ペットボトルをシャッシャッと振るのを撮ってみたら、ちゃんとスロー再生したし、「タイムラプス」にして、家族が台所で食事の用意をしているのを撮ってみたら、チャカチャカ動く短い動画で再生された。

細かな設定も最低限できるようだし、思ったよりクォリティもよく、手軽にできてしまって驚いた。

ずっと以前は、限られたハイスピード撮影カメラや間欠シャッターコントロールユニットがなければできなかったことなのに。

調べてみると、iPhoneでは5、6年前からできるようになっていたり、その後Androidでもできるようになってきて、できない機種でもアプリをインストールすればよいみたいなことになっていたようです。

あかん、置いて行かれるというより、ついて行けなくなっている。(;゚ロ゚)

ま、そんな年代になってきているということで。(*^^*ゞ

| | コメント (0)