« 廉価マイクプリアンプ比較 | トップページ | マイクとの距離をどう取る? »

2021年7月30日 (金)

REC機材にsE2300加わる

ギター工房の仕事関係のことはFBに書くことが多くなっている今日この頃です。

さて、以前ラージダイヤフラムコンデンサーマイクについて、今自分が欲しいと思うのってどういうマイクなのか、自分なりにずいぶん勉強していたのですが、予算内で願いにかなうのは多分これではないかと思っていたsE2300をようやく手に入れました。

Trashed1629440706center_0002_burst202107

これですね。

ケースは、ホムセンでちょうどぴったりのを見つけたので、これに入れて防湿庫で保管です。

カラーリングまで合ってるのが驚きです。(笑)

Center_0001_burst20210712005713898_cover

実測で610g弱、比較的重みのある方です。

この手のマイクの中では廉価な方ですし、定番の1つとして挙げられることはあまりないかもしれませんが、ぼくにとって思い通りのものだったら、これからかなり活躍してくれるんじゃないかと思います。

手に入れてからなかなか使う時間が作れなくて少し日にちが経っていますが、曲の仮録りで試してみました。

Dsc_0238

DAWはStudio oneです。

sE2300を使って、チャンネル1つでギターも声も同時に録っています。

いやー、イメージ通りです。

海外サイトの音源まで聞き込んで学んだ甲斐があったと思いました。

10年前に手に入れてずっと使ってきたAT2035は、大して知識もなく、まずは廉価なものの中から欲しい機能が揃っていて比較的耐久性が高そうなものを選んだというだけでした。

自然にバランスもキャラも違うものがもう1本欲しいと思ったのですから、自分にとってはいいタイミングだったと思います。

Cimg0844

ちなみに、まずはMTRで録ってからという時期が長かったせいなのか、マイクプリとコンプのかけ録りをするタイプなのですが、I/OからPCへとなった今でもこの2つはハードウェアを好き好んで使っています。

今回は、sE2300(マイク) → PRE-73Jr(マイクプリ) → 166xs(コンプ) → AR8c(I/O) → Studio one(DAW)で試してみました。

機材の理解が進めば、ラージコンデンサーマイク、マイクプリ、コンプが2台ずつあるので、計8通りの組合せからその時に欲しいキャラ付けが選べるんじゃないかな、選べるようになるといいなと思っているところです。

RNP8380EEはちょっと違うかもしれませんが、ほとんど廉価品ばかりの構成なので、人の参考になるところはないですけど、ぼく自身はRECの楽しみがまた1つ増えてよかったなと思っています。

|

« 廉価マイクプリアンプ比較 | トップページ | マイクとの距離をどう取る? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 廉価マイクプリアンプ比較 | トップページ | マイクとの距離をどう取る? »