« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

2021年1月

2021年1月31日 (日)

レコーディング用のボーカルマイクを選びたい! ③

ここからの記事は、あくまでもぼくが個人的に感じた勝手な意見を備忘録として書き綴っていくだけなので、誰の参考にもなりません。

ぼくは耳が悪くて感じ方も大雑把ですから、決して信じたりしないようご注意ください。

 

☆基準として

47873800x600

NEUMANN U87i

50本のラインナップ中で、このU87iがたぶんプロ御用達として最も一般的ではないかと思いました。

もちろんぼくにはもったいないし、絶対に買うことのできない高級機です。

他のマイク音源をいったんU87iの音源と必ず比較して考えようと思いました。

 

☆最廉価なものとして

30010004033653080187_1

BEHRINGER C-1

  • 男声

明るく、全体のバランスとして重心が高くなる感じ。
バンッと前に出てくる鳴り方は悪くない。
やや硬さが耳に付くので、オケ中でも一本調子に響いてしまう感じはする。

  • 女声

やはり前に出てくるのはいいが、一本調子に聞こえてしまうのが残念。
少し大きめの音像で、明るく闊達なところはよい。
こちらでも硬さが耳に付いた。

 

☆購入対象になり得るものとして

Unnamed

AKG C214

  • 男声

繊細な音がするイメージのメーカーだが、思ったより音の芯がしっかりしている。
高域がやや硬質によく響いていると思ったが、オケ中だと意外にも少し暗めの印象になると思った。

  • 女声

切れよく伸びやかに聞こえる。
重心が少し低めで、ダークなすごみがあるように感じた。
しかし、オケ中でハイレンジのどこか、ミッド寄りの一部で情報がスポンと抜けたようになるのが気になった。

 

Originhd101557

ASTON MICROPHONES ORIGIN

  • 男声

一歩前に出てくる少し音像大きめの響き。
明るい鳴り方で全体にやや硬質。
しかしその再現には生々しさがある。

  • 女声

バシッと前に出る。
やはり少し大きめの音像でやや硬質な響き方をする。
しかし、耳に痛い感じはなく、むしろボーカリストがはつらつと歌っている情景が思い浮かぶ。

 

今回はひとまずここまでです。

つづく。

| | コメント (0)

2021年1月30日 (土)

レコーディング用のボーカルマイクを選びたい! ②

かれこれ2週間以上コンデンサーマイクの情報を集めていたのですが、これだけいろいろな情報が溢れている時代になったのに簡単ではありませんでした。😓

国内はショッピングサイトとか、価格帯やスペックで並べた紹介、お薦め記事ばかりでダメでした。

個人の記事とかだと、購入したマイクについて「とてもフラットで...」とか「23kまで伸びている高域もうるさくない。」といったf特(周波数特性)についてのコメントに偏っていることが多く、参考になるかと言ったら正直ちょっと難しいです。

ラージダイアフラムコンデンサーマイクは、最近の配信用のものはわかりませんが、大抵レコーディングに使われることも想定して作られていると思うので、ほぼ全域で±5㏈以内に収まっているし、ロー端、ハイ端を除くと±2㏈ぐらいに収まっている例がほとんどですから、それこそ1万円以上のものであれば何を買っても「概ねフラット」だと思うのです。

そして「23k」なんてナンセンスですよね。😕

その点サンレコの記事は、気になるモデルが取り上げられていれば参考になります。

「ドンと前に張り付く。」とか「ミッドにサチュレーションを感じる。」とか「オンマイクで録ると密度がぐっと上がるタイプ。」とか、確かに書いた人の主観かもしれないし、他の使用機材や環境によっても変わるでしょうが、f特以外の要素をたくさん書いてくれています。

で、ついに見つけました、海外サイトで。

Herov3

どうやら3年半ほど前のもののようですが、様々なメーカー、価格帯のものをラージダイアフラムコンデンサーばかり何と50本!!

同じ条件でボーカルレコーディングして音源を並べてくれているというものです。

もうね、うれしい反面覚悟してかかりましたよ。

50本のマイク1つ1つに15秒ぐらいずつとはいえ音源が4つ、一通り聞くだけでも200音源、合計50分です。

しかもぼくのようなハンチクど素人だと繰り返し聞かないと違いが見えてこないですから、それこそねらいを絞って重箱の隅をつついていくようなしんどい作業です。

でもね、何日もかかって50本を8本+2本まで絞りましたよ。

  1. 基準として
    • NEUMANN U87i
  2. 最廉価なものとして
    • BEHRINGER C-1
  3. 購入対象になり得るものとして
    • AKG C214
    • ASTON MICROPHONES ORIGIN
    • AUDIO TECHNICA AT-4040
    • SE ELECTRONICS SE2200aⅡ
  4. 個性ある高級機として
    • BOCK AUDIO IFET
  5. 基準機のレプリカとして
    • WARM AUDIO WA-87
  6. 番外として
    • TELEFUNKEN U47
    • CHANDLER LIMITED REDD

これでやっと1/5、でもここからが本当の吟味のスタートという感じです。

ぜぇぜぇ。

つづく。

| | コメント (0)

2021年1月29日 (金)

レコーディング用のボーカルマイクを選びたい! ①

今、ぼくが持っているラージダイアフラムコンデンサーマイクは1本だけです。

Horizon_0001_burst20210127230629068_cove

オーディオテクニカのAT-2035を10年使ってきました。

使ってきた...と言っても散発的だったし、それほど傷んでもいないので、まだまだこれからも使い続けます。

でも、散発的とはいえ10年使っていると音についていろいろ分かってきたこともあるし、イコライジングなどのエフェクト処理では変えられない領域と戦ってしまった経験等もしてきたので、今をいい機会にしてボーカル録りをメインにしたマイク選びをしたいと思います。

ねらいは以下の通り。

  1. AT-2035とは違う個性を持っていること。
    • ニュートラルな重心
    • ミッドに芯の太さと奥行きのある描写
    • オンマイクで張り付いても明るさを伴いながら痛くならない響き
  2. 自分の声に合うかどうかが前提だということ。
    • ローからミッド全体(100~1kHz)の密度感
    • ハイ(特に2kHz以上)の伸び具合とチューニング

あくまでも現時点で自分が思う内容なので、変わるかもしれないし、どちらにしても他の人にはたぶん当てはまりませんので悪しからず。

相変わらず経済的には全く余裕ないので予算は...あるんだかないんだか。😓

ただ、もしお金があったとしても、何も考えずに「とりあえずノイマンにしとけばいんじゃね?」という発想はぼくの場合あり得ないので、結果的にNEUMANNがいいとなればそれに近いと思う手頃な価格のレプリカマイクを選ぶでしょうし、NEUMANNは違うとなれば何を選ぶか分からないということで。😁

X1_u47fetfrontal_neumannstudiomicrophone
(NEUMANN U47FETとU67)

もちろんNEUMANNはプロのスタジオで定番なわけですから大いに参考にしようと思っています。

そういう意味では、他にAKGやTELEFUNKENもあると思いますが、過去、ぼくらは知らず知らずNEUMANNで録って編集された音楽をそれはそれはたくさん聞いてきているでしょうから、やはりNEUMSNNを1つの基準として考えてもいいでしょうね。

では、どんなメーカーにどんなマイクがあるか、地道に調べていけばある程度知識がつくでしょうし、気になったモデルだけでもスペックを見ていけばつかめることもあるでしょうが、音については果たしてどうしたらいいでしょう。

ネットに頼るにしても、信憑性のある音源をできるだけたくさん、片っ端から聞き漁っていくしかないかもしれません。

かなり根気がいりますね。😅

つづく...かな?

| | コメント (0)

2021年1月11日 (月)

Fender sidekick reverb 25 アッテネーターに名前を付けてみた

ぼくが趣味でやっているエレキ関係のものは、Ameiro Pedalというブランド名を付けています。

今のところ、Bellbottom Over Driveしかないですけどね。😅

SK25に取り付けたアッテネーターは、最終的になかなかいいものになったと思うので名前を付けたくなりました。

Dsc_00595

早速ステッカーを用意しましょう。

ぼくは白地のステッカーシートをよく使いますが、今回は何となくクリアというか乳白色がいいように思って選んでます。

Dsc_00623

ふむ、どうですかね。

Ameiro Pedalの『HOLD BACK Attenuator』と名付けました。

控えめにしてくれるやつってことですね。

Dsc_00632

操作しやすいようにスイッチを側面に付けていますので、そこにON/OFFも貼りました。

めちゃくちゃシンプルです。

Dsc_00642

キャビに搭載するとこんな感じです。

地味かもしれないけど、本体の感じが気に入っているので、邪魔しない、いい雰囲気になったんじゃないかと。

ん、OK!!😆

| | コメント (0)

2021年1月10日 (日)

Fender sidekick reverb 25 プリ増幅の最適化

2つ前の記事「EQファインチューン」の最後に書いたことなのですが、海外サイトで見つけたSidekickシリーズのパーツリストと別モデルの回路図、これがとても参考になっていて、眺めているうちにまた新しい発見がありました。

Photo_20210109015001

図11

パワーアンプの時みたいに現物から追っていたら発狂しそうなところですが、別モデルの回路図があるので、わりとスムーズに書き起こせました。

初段の増幅部、つまりプリ増幅の核になる部分です。

VOXのPathfinder15をイジっていたとき、2段目にあったような歪み回路が1段目にぶら下がっています。

VOXのときは、交換したオペアンプに合わせて、ゲインつまみの調節性をよくしようと部分的に抵抗値を変えたり、いい感じの音味が得られるようにトリムポット(半固定抵抗)を入れたりしました。

つまり、増幅率の微調整なわけですが、SK25の場合はどこをどうしたらいいかなかなかつかめずにいたんです。

そこで、まずGAINつまみに直接働くであろう図11のR5を変えたらどうなるか試してみました。

確かに変化はするものの、あるポイントを下回ると急にGAINがほとんど利かなくなるし、上げる方向ではますます調節性は悪くなるしで、結局10kΩで妥当とするしかありませんでした。

ところが、1回路の増幅段でVOLUMEとGAINが両方絡んでいるのを回路図で眺めていたら、この非反転増幅の増幅率は、基本的に1+(R4+R5)/(R6+R8)なんじゃないかというのが見えてきて、どうもR6の3.3kΩが鍵を握っているようだと気付いたんです。

Dsc_00594

やってみればわかるです!

早速トリムポットを仮結線して試してみました。

ビンゴです!!

やっぱり曲がりなりにも回路図があると違いますね!

R6の値を上げれば増幅率は下がり、値を下げれば増幅率は上がると。

非反転増幅のセオリー通り、しかも滑らかに少しずつ振る舞いが変化します。

いやー、見つけました。

Dsc_00613

狭いところなので、まずは脚をしっかり作っておきます。

2番、3番端子は半田付けです。

Dsc_00622

とりあえず6.5kΩの状態がいい感じに思えましたが、もう少しいろんなセッティングで弾いてみないとはっきりしないので、しばらくアンプシャーシをキャビから出したままで使ってみました。

数日、ちょっとずつ鳴らしているとだんだん最適位置がわかってきました。

どうやら7kΩを僅かに越えたあたりがいいようです。

これより上げて行くとクリアに、しかし細身になっていき、20kΩではキャリキャリの音になってしまいます。

これより下げていった場合はファットに、しかしミッドからミッドローが混濁する感じになっていき、0Ωではゴモゴモダンゴな音になってしまいます。

好みによって最適位置は変わるかもしれませんが、どう考えてもたぶん5k~10kΩのどこかで決まってくる感じでした。

ちなみに計算してみてもこの辺りが好ましくて、R8を除外すると5kΩで5倍、7kΩで約4倍、10kΩで3倍増幅ですから、なるほど納得です。

ノーマルの3.3kΩでは約7倍増幅になりますから、できるだけリニアでクリーンなプリ増幅でと思うなら1回路でドンと上げるのではなく、できれば2回路使っての合計7倍にしたいところです。

これはノーマルの5218オペアンプであっても同じ事だと思うし、実際ここの増幅率を半減させても出音量は充分なので、3.3kΩはちょっと欲張りすぎだと個人的には思いました。

プリ増幅の最適化は、クリッピングダイオードを使わず純粋にオペアンプをクリップさせるこのアンプの場合、GAINつまみを上げていった時のドライブサウンドにもいい影響(破綻したような激しいところまではいかない)が出てますます気持ちよく弾けるアンプになりました。

よかったです!!😆

| | コメント (0)

2021年1月 8日 (金)

Fender sidekick reverb 25 資料から推察してみた

前記事の冒頭でも書いたとおり、現行品だった当時は興味を持って見てなかったFender JapanのSidekickアンプですが、ユーザーさんのサイトや中古販売者の売り文句に「リベラ期」って書いてあったりします。

ぼくも去年、12月15日(火)の記事に受け売りでそう書きました。

当時のカタログでも紹介されているので本当だとは思いますが、少しだけ調べてみました。

Fender_sidekick_catalog_s

1984年の発売初年は、10、20、30、、、といった型番のラインナップ。

ポール・リベラ氏も顔写真とともに「ポール・リヴェラ」の表記で紹介されています。

でも、これ以降のカタログには出てきません。

彼は某インタビューで、「84年の8月にFenderを辞めて、新しいアンプのデザインを85年の5月に始めました。」と語っています。

どうやら彼がFenderに在籍していたのは81~84年で、その期間にSuper Camp等、いまだに評価の高い名アンプたちを設計したようです。

つまり、Sidekickについて、最初のラインナップについては何らかの形で開発に携わっていたのは正しいけど、それ以降のモデルについては関わっていないと見た方がいいと思いました。

ぼくが手に入れたSK25は、10、20、30、、、に続いて登場した15、25、35、、、というカタログ上はちょっとだけハイパワーな上位モデルの位置付けで、両方が同じ85年のカタログに載っています。

Lineup

これは微妙だなと思いました。

拡大解釈をすれば、85年のカタログに載っているものは、その前年に企画、開発されていても不思議ではないというか、むしろ自然なことにも思えるので、Fenderを去る直前に関わっていた可能性もあるということになります。

ところが、カタログとは別で興味深い資料も見つけました。

Solidamp3

最初に発売されたSidekickシリーズの出荷台数(おそらく)です。

ピタッと2年で終わってます。

さらに、

Solidamp1

次の〇5ラインナップは、85年カタログにあるにもかかわらず、店頭に並んだのは86年からということになります。

ちょうど年をまたぐ時期だったのかもしれませんね、わかりませんけど。

ということで、時系列的に見てみると、契約の問題等々、いわゆる大人の事情がこんなところで見え隠れしているような気がしてしまいますが(笑)、〇5シリーズについて、さらにその後のモデルは無論、すでにポール・リベラ氏は関係していないと見た方がいいでしょう。

ぼくが所有しているSK25がリベラ期であるようなことを書いてすみませんでした。

間違いだと思いますので、訂正致します。m(_ _)m

ところで、資料を眺めていて1つ別のことに気付きました。

生産台数のことです。

始めは、表の数字を見ていても、これが多いのか少ないのかよくわからなかったんですが、いろいろ見ていると、本国で作られていた他のFenderアンプと比べてかなり少ない方だったとわかってきたんです。

例えば最も多いShowmanシリーズだと、少ない年でも1000台、多い年だと2400台とか作っていて、それが10年以上に渡って続いていたりするんです。

もちろんアメリカは市場規模も大きく、生産力のある大きな工場で作るから当たり前なんでしょうが、どうりで中古市場にSidekickシリーズのタマ数が少ないわけです。

これら初期モデルの中で最も多く、91年までの6年間作られていたのがSK25で、合計およそ1400台だったということです。

ネット上を見ても何となくわかるように、自宅練習用として、国内より海外の方がサイズ的に丁度よく、それなりの需要があったのでしょう。

だから中古販売店の「当時人気を博していた」というのは売り文句で、国内ではそれほどたくさん出回っていたわけではないというのが正しい見方ではないかと思います。

以上、あくまで個人的な推察ですので悪しからず。

違っていたらごめんなさい。

お粗末。

| | コメント (0)

2021年1月 4日 (月)

Fender sidekick reverb 25 EQファインチューン

このアンプに出会ったのは先月初め、隣町のリサイクルショップでした。

その前の11月に寄った時にはなかったはずなので、まだ入荷して間もなかったんだと思います。

80年代中頃というと、ぼくは高校から大学へという学生時代だったので、ギターを弾くようになって、ちょっとは弾けるようになっていった頃です。

今、同じようなコンパクトサイズのギターアンプは、よりコンパクトな中にデジタルエフェクト、モデリング、シミュレーター、USB、Bluetooth搭載等々、時代の要求に合わせ、現在の技術を生かしたものになっているので、アナログを標榜したアンプはそれらと一線を画したフルチューブが生き残るという両極端な状況ですね。チガウカナ?

つまりトランジスタ/ICアンプは、アナログ部分にコストをかけて対抗するのではなく、デジタルで武装してアナログ部分はさらにコストを削るというやり方で生き残ってきたわけですから、故障したら修理せずに廃棄する(技術的にも金銭的にも)ものになりましたね。

いえね、不思議な感覚なんですよ。

当時、Fenderのヴィンテージアンプが欲しくて、同じFenderとはいえ国産現行品のSidekickには見向きもしなかったのに、今になってコツコツ治してチューンして愛でているんですから。(笑)

Dsc_00576

「にしてもどんだけやれば気が済むねん!!」て言われちゃいそうですけど、やるべきと思ったらやっちゃいます。

ホント、真似しないでください。

トーンコントロールであるEQに手を付けてます。

PRESENCEは回路の場所も仕組みも全く違いますから別にして、TREBLEがシェルビング、MIDDLEとBASSがピーキングのアクティブイコライザーになってます。

弾きながら音作りしていて違和感があるのはBASSです。

そういえば前から何となく感じていながらスルーしていて、パーツの数値でなぜはっきり気付かなかったのかと後で思いました。

Dsc_00593

BASSのパーツを取り外しました。

たぶんですけど、コンデンサーの数値優先で設計されていて、パーツ点数は同じでも高価なパーツの種類が少なくなるようにすれば製造コストを抑えられるということだと思います。

これはオペアンプやダイオード等、他のパーツの使い方にも現れています。

でもアクティブEQは、抵抗値を優先しないと他のツマミと振る舞いが大きく変わってしまいます。(経験上)

もう少し早くMIDDLEとの違いに気付きたかったです。

さて、頭をひねって計算しまくること数千年。😵

計算通りいかないのでやり直すこと二度、三度、、、。😨

Dsc_00602

ようやく元のままよりマシな設定に仕上がりました。

理想には寄せきれませんでしたが、これならOKです!

R16、17はMIDDLEと同じ定数、C8は10μF→4.7μFにしました。

C9は定数変更なしですが、ヒヤリングしての好みでヴィンテージセラコンに変えてあります。

相変わらずこのアンプの回路図は見つからないのですが、今になって資料が1つ手に入りました。

Dsc_00612

パーツがリスト化されたものとSidekickの別モデルの回路図です。

海外サイトってスゲー。

これが結構参考になりました。

今回もめでたしめでたし、なのです。😄

| | コメント (0)

2021年1月 2日 (土)

Fender sidekick reverb 25 アッテネーターを作ってみよう④

非常に使いやすいATTができて大変喜んでいる今日この頃です。

音質劣化はあるはずですが、ほとんど気にならないから最高です。

ところが、ずっとストラトで鳴らしていたので、ふとレスポールでも鳴らしてみたいと思って弾いてみたんですが、そこで1つ気付いてしまいました。

ATTがOFFの時より歪みが来るのが早い。

とは言っても些細なことだし、シングルよりパワーのあるハンバッカーだし、ONにすると音量下がるから無意識にピッキングが強くなっているせいかもしれないし等々、いろいろ考えたり改めて確かめてみたりしたんですが、やっぱり早いような気がします。

あえて弱く弾いたり、ギターのボリュームを絞ってみたりもしたんですが、クリーンのはずの状態でも僅かに雑味が感じられます。

んー、他の自作者さんたちが書いておられるような高域のくぐもりはないものの、これが音質劣化の実際なのかな。

きっとそうです。

ま、仕方ないかと思ってそのままにしていたんですが、思い出しちゃいました、コンデンサーを結線ミスした時のこと!

3つ前の記事の図7です。

あの時は、不思議だなーと思いつつも、そもそも減衰し過ぎていることがわかっていたのでサッサと作り直しにかかりましたから。😅

となれば、また1人勉強の始まりです。

C10q

図9

図9は、今回気に入って採用したJensen C10Qのインピーダンス(交流抵抗値)特性です。

スペック上8Ωとされていますが、低いところでは7Ωを切りますし、高いところでは50Ω!を超えます。

しかし特に変わったところはなく、フルレンジやウーファーではよく見るお馴染みの曲線です。

おかしなもので、アンプや今回のATT等、回路のパーツ定数をはじき出すとき、スピーカーユニットが8Ω表記であれば8Ωとして計算してるじゃないですか。

ところが当のスピーカー本人は、「鳴らす音程によってめっちゃ変わるんスけど、いいスかね?」てな具合なわけです。(笑)

これにコンデンサーやインダクター(コイル)を使ってローパスだとかハイパスだとかっていうフィルター回路を入れることって、オーディオではあまりないと思うんですがどうなのでしょう。

ウーファーにローパス(ハイカット)はあるかな。

もしフルレンジをスコーカー代わりに使おうとしたら結構やっかいです。

f0付近のインピーダンス上昇が影響してローカット効果が出ないとか、ハイエンドに向かってのインピーダンス上昇が影響してハイカット効果も芳しくないとか、、、。

調べてみると、どうやら強引にやったところで許容入力は落ちるし歪みも増えるんだそうです。

⁉💡

そうか、ATTも言ってみればフィルター回路の仲間だもんね。

実は自作者さんたちの中でも使用率が比較的多い連続可変抵抗L-pad、これ、商品としてはフルレンジやウーファでは発熱、発火の恐れがあるということで使用しないように書いてあるんですが、それが安全性のことだけでなく、全帯域のリニアな減衰にはならないということもわかってきました。

さらに調べていくと、、、ありました、インピーダンス補整回路。

Photo_20210102041501

図10

感心しながら自分で書いてみました。

これは使えそうです!

ただやっかいなのは、図10のどちらが有効なのか、高域用の場合どうしてもインダクターを使わないと成立しないのか、パラ抵抗に関しては-8㏈のために値を固定しておきたいので、特にコンデンサーの値について計算できるのかとか、ぼく程度の者にとっては難しい問題を抱えてしまうことです。

う~~~む。😕

はい!計算やめー!!😜

Dsc_00575

手持ちのパーツ総動員してヒヤリングしながらのカット&トライです。

バカなの?

って思うかもしれませんが、ネット上で紹介してくださっている皆さんの多くも「計算通りにはいかない。」らしく、某メーカーサイトでも「計算通りだと情報量の薄い音になりがちなので、、、」と言っているところもあったりするので、それなら始めから計算は抜きだと思ったわけです。

いろいろ全部試しましたが、わりと早い段階で結線方法1種類、コンデンサーの値4つに絞れました。

そこからはかなり鳴らしながらじっくりいきました。

こんなにエレキ弾くのも久しぶりです。(笑)

Dsc_00584

マジで半日かかりましたが、ついに決まりました。

この結線位置、この値、最高によかったです。

しかも最もシンプルなやり方が一番高音質だったというのもうれしいです。

どこにどうやって何μFを入れたのかという詳細は伏せておきます。

今のところ同じことをしている人を見つけられないので怖いんです。

でも、聴感上ではありますが、ATTをONにした時とOFFにした時に違うのは音量だけで、音色の差が全くと言っていいほどわからなくなったなんてスゴイと思いません?

とりあえず後で計算してみましたが、どうやらカットオフ周波数は丁度1kHzでした。

あと、今回は長時間ONにしていましたが、抵抗器の温度上昇は大したことなく、やはり手で直接触っていられる程度でした。

めでたし、めでたし。😊

| | コメント (0)

2021年1月 1日 (金)

Fender sidekick reverb 25 アッテネーターを作ってみよう③

新年あけましておめでとうございます!☃

ギター工房Resonance Guitarsともども本年もよろしくお願い致します。<(_ _)>

さて、P型ATT回路で-6、-8、-10㏈の計画と準備ができました。

さらに製作を進めていきましょう。

Dsc_00573

おおもとの配線ができました。

モールド端子に抵抗をネジ止めしていきます。

Dsc_00582_20201231175701

これでバッチリ音出しできます。

今回準備したのは10Wの酸金抵抗です。

Dsc_00592_20201231175701

おぉーっ、とても好ましい出音です。

音の濁りも気にならないし、高域がくぐもる感じもしません。

かなーりナチュラルですよ。

ぼくの感覚だと-10㏈でもしっかり音量下がります。

近所迷惑にならないように弾きたい場合には大お薦めですね。

-8㏈!!いいです!!!

音量ちゃんと下がるし、本来このぐらいのツマミ位置で弾きたいなと思うところが普通に使えるようになります。

-6㏈!これも悪くない!!

ライブ用に音作りしてきてツマミ位置変えたくないのにちょっとだけ抑えなきゃいけないときはすごく便利かも。

Tripart_0001_burst20201231

欲しい感じがはっきりしていたのがよかったのでしょう。

-8㏈だとツマミいじっていろんな音作りしながらずっと弾いていられるので迷わず決定です!

R1が4.7Ω、R2が5.6Ωの組み合わせです。

一応コンデンサも試しましたが、シリーズ接続は利き過ぎるので無しです。😣

Dsc_00574

仕様が決まったので、このまましっかりとキャビに取り付けましょう。

ところで-〇㏈のことですが、どんなアンプでもATTの設定通り同じような利き方をするわけじゃないというのは勉強になりました。

実際ネット上でも、-数㏈のアッテネートなんて「聴感上、減衰したように感じられない。」ということで、-20㏈とか-30㏈という設定で自作している方々も沢山います。

たまたまトランジスタ/ICアンプで25WクラスのSK25の場合は、-6~10㏈でも音量ダウンの効果が聴感上で確かに感じられたということだと思います。

例えばこれが100Wクラスのフルチューブアンプだったら全く違うかもしれません。

それに、狙いの違いということもあります。

「夜遅くに弾いても、近所迷惑にならないようにしたい。」のと「抑え気味の音量でもアンプのおいしい音の出るツマミ位置で使いたい。」というのとでは、納得のできる線がかなりズレるというわけです。

どんな要望にも、どんなアンプにも適用できる万能なATTを作るのって相当難しそうですね、かなり多機能というかフレキシブルな仕様を求めることになっちゃいますから。

要望とか搭載したいアンプに合わせて、単機能なものをワンオフで作るのが一番手っ取り早く、音質劣化も少なく、かつ安全かもしれません。

Dsc_00583

はい、ようやくこれで完成です!

また喜んで鳴らしてるんですが、いいです、とにかくいいです。

音もよく、使いやすい!!

工房を訪れたお客さんで興味を示された方が、音を聞いて「これチューブですか?」ですって。

いやー、たまりませんなー、エレキ用ギターアンプで「チューブ」っていい音の代名詞ですからね!ウレシー

実はフル石アンプなんですけど。😁

あ、ちなみに熱のことですが、酸金抵抗を直に手で触れて確かめておきました。👆ジュ

-6㏈だとしばらく(10分以上)付けっぱなしでもぬるく暖まる程度でした。

-8㏈だと熱くなるけど手で触れる程度、-10㏈だと触れないくらいに熱くなりますが、触った途端に火傷をするような温度じゃなかったので煙が出るようなことはまずないと思います。シランケド

つまり、音量ダウンを大きく取れば取るほど信号電流は音声ではなく熱に変わって消費されていくので、もっと減衰させたい場合はW数の高い抵抗(ホーローとかメタルクラッドとか)を使わないと危ないということです。

だからくれぐれも、どんな事情があっても絶対に真似しないでください。

とりあえずぼくは、ちょっとした小遣いでいいアンプが手に入ったし、改善、改造するためにまた新しいことがいっぱい学べて、この1ヶ月間とても楽しかったです。

VOXのPathfinder15 V9158に今回のFender sidekick reverb 25が加わって、ほぼ同じ外形サイズの小型アンプが2台になったので、今後果たして自分がどっちをよく使っていくことになるでしょう。

う~ん、それも楽しみです。

つづく。

| | コメント (0)

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »