« レスポール列記雑記⑥ | トップページ | すり合せとハムノイズ退治 »

2015年10月21日 (水)

Blues Jr.Ⅲのここまでをまとめよう

Fender Blues Junior Ⅲを愛用し始めてもう2年にもなるなんて、月日の流れは早いものです。

手頃な価格でまずまずのチューブアンプサウンドが得られ、自宅からリハスタ、小規模ライブまで使えるうまいパッケージの商品ですね。

愛用者は多いと思いますし、身近にも3人います。

で、ネット上でも多数見ることができますが、ご多分に漏れず、ぼくもそれなりにモディファイしてきましたので、今回のモディファイを紹介しながら過去のこともちょっと振り返ってみようと思いました。

Cimg45492
エミネンスのGA-SC64です。

もともとはセレッションのVintage30、そこからエミネンスのレジェンド1218に交換していたのですが、これには大きな失敗がありました。

トーンバランスは好みの方向に持って行けて喜んでいたのですが、しばらく使ううちに、このアンプでは1218の本領が発揮されてこないことに気付き始めました。

自宅中心なので感度が2dBほど落ちるのは気にしなかったのですが、許容入力とのマッチングのことを全く考えていませんでした。

15Wのアンプに対し、V30の60Wでも余裕なのに、1218は150Wだったのです。

これでは、音圧を上げてもスピーカーディストーションは起こりにくく、アンプ候の音しか得られません。

JAZZを中心にクリーンサウンドで使うHajiさんには好適で喜んでもらえたのですが、自分にとってはスピーカーに余裕があり過ぎた感じです。

オーディオとはこういうところが違うのですね。

勉強になりました。

Cimg45502
早速入れ換えました。

SC64は、許容入力40Wです。

静かなハムノイズを長時間入れながら、ボイスコイルのエイジングを丁寧に行いました。

鳴らしてみると、耳に心地よいクリーンサウンド、吠えるようなドライブサウンドがいいです。

感度はV30と同等で、1218よりROCKっぽい躍動感があり、V30ほどハイが痛くならない感じです。

このスピーカーユニットをデザインしたアレッサンドロさんは、エリックジョンソンモデルも手掛けていますね。

センタードームの形状とマチエールが大変興味深かったです。

Cimg45972
これに合わせるような形でプリ管のラインナップも再考しました。

画像左は1、2段増幅用にJANフィリップスの5751、中央は3段用にグルーブチューブの12AX7-R、右は位相反転用にグルーブチューブの12AT7となりました。

12AU7、12AY7、ECC83-Sなど、手持ちの12A族をいろいろなパターンで挿し替え実験をしてみましたが、上の画像のラインナップが今のところ一番気に入ってます。

Cimg45992
思えば最初はここからでした。

中古で手に入れたこのアンプのバイパスコンデンサをオレンジドロップにしています。

トーン回路のところは、定数も変更したり、シルバーマイカを入れたりしています。

さらにプレゼンス回路にも手を加えてきました。

Holmonさんのアンプは、ぼくのアンプに一番近いモディファイが加えられていますが、定数の変更には微妙な好みの違いが出て面白いなと思ったりしました。

Cimg46012
電源のフィルターコンデンサは容量を倍増しています。

タンデムさせて数も倍ですから、見た目もスパルタンです。

Cimg45982
スピーカーケーブルをヴィンテージベルデンワイヤーにしています。

出音の太さと色気という点でとてもよかったと思っています。

モミーさんがこれにこだわったのもよく分かります。

この他、バッフルボードの留め方やゴム足への変更、リバーヴタンクのアレンジ、鉛板による制振など、ふり返ってみるとかなり全方位に渡ってモディファイしてきたなと思います。

Cimg46032
もちろん、ハンドワイヤー、整流管、チョークトランス化、PT、OPT、シャーシ、キャビネット変更するなど、もっとすごいモディファイをしてみえる方々もおられるでしょうが、ぼくの場合はこれでかなり塩梅のいいところへ落ち着いてきていると感じています。

ただし、ぼくがやっている程度のモディファイでも、命に関わるものが多数ありますから、ご自身で行うことは全くお薦めしません。

悪しからず、ご了承ください。

※危ないから絶対に真似しないでね!!

|

« レスポール列記雑記⑥ | トップページ | すり合せとハムノイズ退治 »

コメント

ブルJr.にゴム足ってどうやって付けるんですか〜 金具の足が外れないです。

投稿: sw330 | 2020年5月10日 (日) 23時24分

sw330さん、はじめまして。

金具の足は3つの爪が付いていて打ち込んであったので、真っ直ぐ引っこ抜くだけで外れました。

投稿: deoemon | 2020年5月11日 (月) 08時54分

deoemonさん ありがとうございます^_^
最初引き抜こうと、やったのですがなぜがどうしても抜けなくて、抜くのじゃないのかな?と躊躇してました。
Blues Jr.ⅢをJazzyにシフトのページに足抜いた写真みてやはり刺さってるだけだなぁと確信できたので再度工具変えたらすんなり抜けました。足を抜いてる写真役立ちましたー

投稿: sw330 | 2020年5月11日 (月) 11時14分

はじめまして! 位相反転用の真空管はもともとは12AX7ですが12AT7に差し替えても問題ないのでしょうか? よろしくお願いします。

投稿: rdfifty | 2020年6月29日 (月) 12時39分

rdfiftyさん、ようこそ。

5年近く経った今でもこのままですが、何も問題なく鳴ってます。
でもATは、AXの直接的な代替品ではない(抵抗値が高い)ので、鳴らしてみて音が良くなるのでなければやめた方がいいです。

投稿: deoemon | 2020年6月29日 (月) 21時48分

ありがとうございます! テストしてみます。USA製の初期型(?)のブルースジュニアなのですが思うような音が出なくて苦労しています。

投稿: rdfifty | 2020年6月30日 (火) 14時35分

rdfiftyさん、何となくわかります。
いいパッケージのアンプなんだけど、全体的にもう一歩のところが多い感じですよね。(笑)
rdfiftyさんがどんな音の趣向かはわかりませんが、納得のいく着地点が見つかるといいですね。

投稿: deoemon | 2020年6月30日 (火) 23時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Blues Jr.Ⅲのここまでをまとめよう:

« レスポール列記雑記⑥ | トップページ | すり合せとハムノイズ退治 »